オンラインカジノで勝率UP モンテカルロ法

モンテカルロ法

かつてカジノを潰したこともあるほどの爆発力を持つ【モンテカルロ法】という必勝法はご存じですか?

理論上は必勝法とされており本場カジノでは禁止されている戦略でオンラインカジノならではの楽しみ方ができます。

モンテカルロ法はキャンセレーション法と同じく数字を使用してプレイしていきますが複雑な賭け方で記憶力などが必要になってくるので初めのうちは紙とペンを用いてプレイしてください。モンテカルロ法には2種類の賭け方が存在しており2倍の配当の場合と3倍の配当の場合によって賭け方が少々異なりますので初めに2倍の配当の場合の賭け方を説明します。

2倍モンテカルロ法

【2倍モンテカルロ法】は基本1,2,3と連続に並ぶ数を紙に書きだし数列の両端を足した合計の額が初めの賭け金ですので1+3で初めは4ドルからスタートで勝てば両端に書いてある数字を1つ無くして負けた場合は右端に連なる数字を書き足し、また両端を足した合計をベットしていくやり方です。これを数字がなくなるまで繰り返していき数字がなくなった時点で1セットが終了した合図です。 1セット終了時に1ユニット分が2倍になるのが2倍のモンテカルロ法です。1ユニットは自分で決めた数字で構わないので数の合計に1ユニットをかけた数字がスタートの賭け金になります。次に3倍のモンテカルロ法をご紹介していきます。

3倍のモンテカルロ法

【3倍のモンテカルロ法】でも2倍と同様に基本は1,2,3と連続に並ぶ数を紙に書きだし数列の両端を足した合計の額が初めの賭け金ですので1+3で初めは4ドルからスタートで勝った場合には2倍とは違いその場で終了になります。理由は3倍のモンテカルロ法は1回目に負けて2回目に勝利した場合、両端の数を2つ無くしていくので数字の数が5個以下である時に勝利したらその場で1セットが終了になります。 3倍なので勝率は33%ですが5回以内に1回でも勝てることができれば数を減らすことができるので、大敗を逃れる可能性はあり、もちろん数字が多い場合の勝利よりも数が少ない場合の勝利の方が価値額は増えていきますので理論的には絶対に負けないと言われていますが、100%勝てるわけではないので資金管理はしっかりと行うようにしてきましょう!

モンテカルロ法を使用するメリットは賭け金が跳ね上がらずに5連敗しても1ドルずつまでしか増えていかなので負け額も30ドルで収まりますので資金が少ない場合にも使えて勝ち分は増やしていけるのが良い点として挙げられます。
デメリットとしては2倍と3倍のモンテカルロ法によって負け後に取り返せる時間が変わってくるので1回でも早く負けを取り返したい方や長くプレイをやり切れない方にはあまり向いていないかもしれません。

しっかりとロジカルを理解して無理のない範囲でオンラインカジノをプレイしましょう!