オンラインカジノで目にすることが多いジャックポット

オンラインカジノのジャックポット

オンラインカジノをプレイしたことがある人なら、一度は誰もがジャックポットという言葉を目にしたことがあるはずです。ジャックポットとは本来ギャンブルにおける大当たりのことで、イメージ的には複数人でプレイするゲームにおいて、一人のプレイヤーが大勝するような感じです。また賭けられたお金が独り占めになるような、そういう大当たりを意味します。
厳密には明確な基準というものはなく、オンラインカジノでは少し違った形で用いられています。

オンラインカジノのジャックポットは、大当たりつきのゲームに設けられている、賞金が積み上げられる仕組みのことです。つまり、ジャックポットに対応しているゲームは、プレイヤーがプレイする度に賞金が積み上げられていき、当たった人がその賞金を独り占めできるわけです。
ジャックポットには単一のマシンでのみ賞金が積み上がるスタンドアロン、カジノ内で提供される同一ゲームの賭け金が共有で積み上がるリンクドプログレッシブがあります。グループや提携で複数のカジノが賞金の積み上げを共有する、ワイドエリアプログレッシブも存在します。いずれにしても、多くのプレイヤーが遊ぶ人気のゲームほど賞金は大きく積み上がり、当たった時の爆発力が凄まじいものになるのは間違いないです。
どのようにして当たりが発生するかはゲームによりますが、多くの場合は確率で発生するように設定されているようです。

一人のプレイヤーが大勝

ジャックポットに挑戦するには、ベットできる最大額を賭けることが条件に定められていることが多いです。少額で少しずつ長くプレイしてジャックポットのチャンスを狙うことはできないので、戦略の幅が取れる通常のゲームよりも、いわゆるペイアウト率は低くなる傾向です。

ジャックポットは過去に数千万円、数億円という賞金が発生した事例がいくつもあり、中には10億以上の賞金が積み上がり発生したケースもあります。とても夢のある魅力的なジャックポットですが、もし高額な賞金を獲得した場合は、所得を申告して税金を納めることが大切です。