バカラの絞り(スクイーズ)のやり方

スクイーズ

絞り(スクイーズ)とはバカラの演出の一つで配られたカードをゆっくりとめくって楽しみます。9に近い数字を出し勝ち負けを競うゲームなので1枚1枚慎重になります。めくり方やパターンなどを知ってみているあなたも絞りの楽しさを知ってもらえればと思います。
オンラインカジノでも本場の店舗カジノと同じ演出で、絞りのあるゲームはあります。

パターン

まず初めに通常の絞りは縦絞りと横絞りの2種類があり縦から絞られることが多いです。絞る時は左端の数字が見えないように親指で隠しながらめくってください。縦の絞りから見えるパターンを説明します。

パターン1 絵柄
通称はピクチャーや枠と呼ばれるカードの【J,Q,K】で絵柄が出た場合は数字の0として扱われます。この場合は10という数字で変わらないのでそのまま結果を表示します。

パターン2 絵柄、マークなし
この場合に出てくる数字は【A】のみです足が出ていないというような言葉が用いられます。この場合もAで1という数字が確定しているので結果を表示します。

パターン3 マークが1つ
この時はタテやアタマといった言葉が用いられており出てくる数字は【2,3】のみですが2種類あるので横絞りまで結果を待ちます。

パターン4 マークが2つ
マークが2つの場合に想定される数字は【4,5,6,7,8,9】でアシありやアシといった言葉で呼ばれています。

次に横絞りは右端に数字が書かれているので親指で隠しながら縦絞り同様にめくっていきます。めくったマークによりある程度の数字が予測できます。

パターン1 マークが2つ
ツーサイドと言われ【4,5】の2種類のみです。

パターン2 マークが3つ
スリーサイドと呼ばれ【6,7,8】の3種類のみです。

パターン3 マークが4つ
フォーサイドで【9,10】の2種類のみです。

パターンから次の数字を予測

斜め絞りは斜めにめくってアシがあれば【A,2,3,絵柄】ではなくなります。
よって【4,5,6,7,8,9】に絞られてきます。次に横絞りでマークを確認してから先ほどの横絞りのパターンから次の数字を予測します。(アシがない場合には横絞りはスキップして縦絞りに変えます。)横縛りが終わったら縦絞りで結果の数字が見られます。
通常絞り(スクイーズ)をできるのはそのゲームでの最高ベット者だけです。特に決まったベット額は存在しません。
例外で勝率が高いものが絞りをお願いされる場合もあり、その時々によって変わってきます。
オンラインカジノも絞り時は臨場感や高揚感など感情が高ぶり過ぎてしまうこともあると思います。